スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石から姫路





明石から姫路までサイクリング。
途中で海岸に寄り道したりしたので50キロくらい走ってきました。
姫路では現在修復中の姫路城の修復現場を見学できる「天空の白鷺」に入りました。なんと天守閣をすっぽり包む建屋にはエレベーターまで完備。修復作業を見せることで文化財保存への理解を深めてもらう、という建前はともかく、なかなか珍しいものが見れました。
スカイツリーもそうだけど完成前や修復中のを見るのは、限定感があって好き。

スポンサーサイト

思いだし笑い

通訳の女性はわりと年齢層が上の方が多い。
メールを下さる際に、最後に「○○(苗字)拝」と書いて下さる上品な方が多いのだけど、
昨日、隣の島から「Mさんの名前はMおがむじゃないですよ!」と注意する声が。
「??」でいっぱいになっていたら、アシスタントが末尾の「M拝」をそのまま名前と勘違いして、メールの宛名にしていたらしい。

笑いそうになったけど、周りで私しか気づいてないようだったので必死でがまん。
でも、それから家に帰っても不意に思いだしちゃってわらけてくる。

でもそのアシスタント、30才なんです。天然といっていいのかビミョー。
普通知ってるよね?さすがに使いはしないけど。

The Hurt Loker

ハート・ロッカー [Blu-ray]ハート・ロッカー [Blu-ray]
(2010/09/02)
ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー 他

商品詳細を見る


ずっと見たかったんだけど、レンタル屋さんではいつ行っても貸出中。。。
ようやく今日観ることができました。

2004年、イラクでの爆弾処理に従事する3人の兵士をメインに話が展開。
淡々と兵士の毎日を追う映像。ドキュメンタリータッチなので画面がよくぶれる。
中東の空気感って、きっとこういう感じなのだろうなと思わせる。
起承転結がはっきりしていなくて、唐突に思えるエピソードもあったけれど、
毎日何が起こるかわからない状況を伝える表現としてはアリだったのかな・・・
ともあれ、いつ死ぬかわからない状況で恐怖に怯える兵士、
その恐怖と戦う内に、戦時下の緊迫感がなくては生きている実感を持てなくなった兵士を
過剰な思いいれなしに描いている。

ただ、やっぱりこれはアメリカから見た戦争。
そこがちょっと好きになれない理由か。

個人的に「LOST」のケイト役の人が少し出ていたのがうれしかった。


テーマ : 最近観た映画
ジャンル : 映画

バーベキュー前

この記事はブロとものみ閲覧できます

この記事はブロとものみ閲覧できます

朝コメダ

この記事はブロとものみ閲覧できます

おひさ

この記事はブロとものみ閲覧できます

テルマエ・ロマエ3巻

この記事はブロとものみ閲覧できます

BOOWY世代

この記事はブロとものみ閲覧できます
Profile

かれん

  • Author:かれん
  • 今日は何を読もうかな。
Save Abandoned Dogs and Cats
Recent Comment
Previous Article
10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
je-pu-pu 無料カウンタ