スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モランディ。


岡田 温司 / 人文書院(2003/08)
Amazonランキング:210,391位
Amazonおすすめ度:




Karen Wilkin, Giorgio Morandi / Rizzoli Intl Pubns(1999/03)
Amazonランキング:79,173位
Amazonおすすめ度:




カレン サイクス, レスリー ネヴィル, キャス ハードマン, Karen Sykes, Lesley Neville, Kath Hardman, 松井 貴子 / 二見書房(2006/01)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:




ペットフード向上委員会, 仲野 博志 / 幻冬舎メディアコンサルティング(2006/02)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



子どもの時に見た、ある静物画が印象的で、ずっと心の中の原風景的に残っていたのですが、去年の秋ぐらいに「芸術新潮」のバックナンバーをぱらぱらしていた時に、その絵を発見。
ジョルジオ・モランディが描いた絵だという事を知りました。
イタリアのボローニャから終生殆ど出ずに、瓶や壺などの同じモチーフを描き続けた画家。渋い。ワビサビを感じさせます。
絵に一発でノックアウトされ、必ずボローニャに行ってやると決意。

そんな画家について書かれた本ですが、「孤高の画家」「神秘的」といったイメージは実は本人が周りと意識的に作り上げたものだったらしいということが判明。
うーん、絵は好きなんだけど、そこまでセルフプロデュースしちゃうタイプの人間ってちょっとしんどいかも~?自然体であることを演じるっていうやつですかぁ?なんて思いましたが、作品が好きならば、画家本人についてはどうでもいいじゃないかという事で自己解決。





テーマ : 美術系
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

かれん

  • Author:かれん
  • 今日は何を読もうかな。
Save Abandoned Dogs and Cats
Recent Comment
Previous Article
08 | 2017/09 [GO]| 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
je-pu-pu 無料カウンタ