スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル

200710172219234
200710172219232
20071017221923
20071017221922


韓国にいってきました。
日本よりは朝晩が少し涼しくて、空気が乾燥してました。
 






1日目・・・仁川空港で相方と集合。私が先についたので抜け駆けして
水冷麺を食べる。麺が日本で食べるのより黒くて粘着性がある。
例によって、キムチ類がたくさん並べられてうれしい。

明洞の中心にあるホテルにチェックインし、南大門市場へ。
すごい客引き。一番ウケたのが
「いうまでもありませ~ん。完璧なニセモノです」という誘い文句。
いきなり、「いうまでもありません」って、一体何が言うまでもないんだ。しばらくこれで笑って暮らせる。

細い路地にあったご飯屋さんで、トッポギと水餃子、海鮮チヂミに、
眞露を頼む。
横に座ったおばさんたちが、しきりにイルボンが何とかかんとかと言ってるのが気になった。
やっぱりイルボン=日本人は好かれてないのか。

夜は、明洞周辺をうろうろし、また食堂に入る。
韓国のうどんとビビンバをオーダー。
おばちゃんが一人でやってるので、2人とも同じものをオーダーするように強く言われたけど、負けずに違うものを注文した。
そりゃ、作るの面倒かもしれないけど。閉店直前やったけど。
かなりおばちゃんの機嫌を損ねてしまったものの、その後常連客らしき人が2組入ってきたので、
「どーせ、色々つくらなあかんかったんやん」と少しほっとする。

ビビンバは石焼じゃなかったけど、卵がちゃんと目玉焼きになってて
すごくおいしかった。
うどんは、海鮮のダシの香りが強すぎたけど、悪くなかった。
やるじゃんおばちゃん。


2日目・・・相方がなぜか今頃はまってしまった「冬のソナタ」。
朝の7時にホテルでピックアップしてもらって、春川までバスで移動。
そう、「冬ソナツアー」に参加しました。
ブームも去っているし、少ない人数だと思いきや、13名。
中にはアメリカ人夫婦もいて、アメリカでも冬ソナやってたんだと
感心。
1時間半、車で走って(すごい荒い運転)春川へ。
移動中は冬ソナのDVDが流されていて、よくできた構成。
「ナミソム」という湖に浮かぶ島に到着。
ここで、あの有名な雪合戦のシーンやらファーストキスのシーンやらが
撮影されたのです。
きれいなところでした。しかもリスやダチョウが
放し飼いになってます。ダチョウがあまりに堂々と歩いていてびっくりしました。
ナミソムの冬ソナムードにやられたのか、大人しかったオバサマ方が
ヒートアップ。非常に積極的に記念撮影にのぞんでおられました。
その後、春川市内へ。チュンサンの家はまだしも、ユジンが走った路地とか、バスを止めた道路だとか、マニアック度は増すばかり。

でも、町並みは70年前からのもので、冬ソナ関係なく楽しめました。
お昼に春川名物のダッカルビを食べ、再びバスに乗ろうとしたら、
運転手さんが鍵をインロックしてしまったとのこと。
思いがけないアクシデントに、運転手さんは感情を抑えきれず
ドアに八つ当たりしてましたが、30分後なんとか開けることに成功。
無事にソウルまで帰ってきました。

ソウルに来たからには、サウナに行きたい。
なので、明洞汗蒸幕にいってきました。なぜか佐藤藍子が宣伝写真に
使われててびっくり。
サウナにはいって、石膏パックをしてもらってお肌つるつる。
そして、コスプレ好きの私の念願だったチマチョゴリ撮影も
やっちゃいました。
ピンクのチョゴリを着て満足満足。

夜にはカルビとチゲ鍋を苦しいほど食べて満喫。
無事に帰国いたしました。

いやいや、ソウル楽しい。ですね。

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

かれん

  • Author:かれん
  • 今日は何を読もうかな。
Save Abandoned Dogs and Cats
Recent Comment
Previous Article
08 | 2017/09 [GO]| 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
je-pu-pu 無料カウンタ