スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックを受けよう!

またまた唐突にレーシックを受けることを決意した。
なんでも思いつくのが、急で、すぐ実行しないと気がすまない。
生命線と頭脳線の起点がはなれていると、よく考えずに行動する傾向があるというけど、
ほんとうにそのとおり。


で、昨日TOEICを受けた後で、新宿の某Kクリニックへ行き、事前の検査をしてもらった。
高層ビルの35階ワンフロアすべてがクリニックになっていて、超広い。
もうかってるなって感じ。
そして、こんなにたくさんの人がレーシックを受けるんすか?!
ってくらい人が待っている。
受付の、ちょっと化粧の濃いおねえさんに、問診表をもらい、記入。
その後、待合室へ。たとえるなら運転免許の更新をする時の待合室のような部屋。
テレビがあって、雑誌があって、たくさんの椅子がおいてある。
みんな、ちょっと不安気に自分の名前が呼ばれるのを待ってる。
名前を呼ばれたら、暗幕の張られた部屋(といってもブースがたくさんある)に入り、
目の検査を受ける。
その後、目薬タイプの麻酔をし、目に直接触れて眼圧チェック。
更に瞳孔を開く目薬をさされる。この目薬が効くまでに30分くらいかかるらしく、
その間に手術の説明DVDを見る。
院長(やたら顔の色艶がよく、整形してるんじゃないかと思う)が、
素人っぽい口調でQ&A形式で説明をしている。
事前にネットで調べた情報と変わらないので、流し聞く。
ただ、レーシックには主に2つ種類があり、
旧式のレーシック(約10万)と最新のレーシック(約17万)がある。
旧式のほうは、目のフラップを作成するのが金属製の器具を使用し、手作業になるのに対し、
最新のものは、レーザーでやるのでミスが少ない。らしい。
これは、旧式でやっても別に問題ないんだろうな・・・と思いつつも、
目のことになるとやはり慎重になり、高い方を選んでしまう。
弱いなオレ。
完全に患者の不安心理につけこんでいる。

さて、DVD視聴を終えた後、また待合室で待つ。
その間、無料のお茶やコーヒーを飲める。とりあえず飲む。
名前がよばれて、診察室へ。
すごく体の調子が悪そうな医者が待っていた。・・・大丈夫でしょうか。
いつもそういう顔色なのかもしれませんが。
また同じように目の検査を受ける。
全く問題がないらしく、すぐ終わる。

その後、予約カウンターに呼ばれて、手術日や手術方法をカウンセラー(ていうか普通の若いお姉さん)に相談。
私の場合、視力が左0.06 右0.05ということで、そもそも最新のほうのレーシックしか
おすすめされなかった。
しかも、さらに高級なレーシック(22万円)だと、順番を待たずにすぐに手術ができるとすすめられる。
もちろん却下し、結局3月20日に決定。
予想では1週間後には受けれるとふんでいたので、1ヶ月も待つのかとがっかり。
色々と注意事項を受けて、終了。
しめて2時間30分くらいかかりました。

感想としては、非常にシステマティック。スタッフは失礼ではないし、丁寧なんだけど、
なんか心がこもってない。みんなお疲れなのかしら。
という感じです。

テーマ : 視力回復
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

かれん

  • Author:かれん
  • 今日は何を読もうかな。
Save Abandoned Dogs and Cats
Recent Comment
Previous Article
10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
je-pu-pu 無料カウンタ