スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上方落語 桂米朝コレクション〈1〉四季折々

上方落語 桂米朝コレクション〈1〉四季折々 (ちくま文庫)上方落語 桂米朝コレクション〈1〉四季折々 (ちくま文庫)
(2002/09)
桂 米朝

商品詳細を見る


米朝師匠が、上方落語の噺を一つ一つ解説してくれている、とっても楽しい一冊。
1巻には
けんげしゃ茶屋
正月丁稚
池田の猪買い
貧乏花見
百年目
愛宕山
千両みかん
蛇含草
まめだ
かけとり
風の神送り
が紹介されています。落語がつくられた当時の風俗もちゃんと説明されているので、
普通に高座をきいているとわからない言葉も、理解できる。
何より、ライブで聞きにいけない私でも、脳内で落語が聞ける!
じっくりにやにやしながら読んでいたから読み終わるのに時間がかかったけど、
落語好きのバイブルといえましょう。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

かれん

  • Author:かれん
  • 今日は何を読もうかな。
Save Abandoned Dogs and Cats
Recent Comment
Previous Article
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
je-pu-pu 無料カウンタ