スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 BOOK1 第6章

20090601095538
私的には村上春樹最新刊より三浦しをん最新刊の方が読みたい度数が高いのですが、ぱらぱら中身を見てみたら思わず読み始めてしまいました。
これから6章です。
これまでの長編と構成は似ているし、やたらと細かい描写も変わらず。
物語の吸引力も変わらず。
ただ以前より謎な部分、難解さは表面上薄れたような?まだわかんないけど。
あと、「ふかえり」という登場人物、どうしても「深津絵里」の絵面が浮かんでしまいます。
テーマはシステムへの対峙のしかた、全ての現実を作り出すのは、自らの決断である…など?
これまでの集大成になるのか、単なる焼き直しになるのか、まだわからない感じです。
ただごちゃごちゃ文句を言っても、お話としての面白さでみんな読んじゃうんだけど。小説は面白くないとね。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

かれん

  • Author:かれん
  • 今日は何を読もうかな。
Save Abandoned Dogs and Cats
Recent Comment
Previous Article
10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
je-pu-pu 無料カウンタ